投資信託ガイド 〜投資信託の賢い選び方〜

投資信託ガイド 〜投資信託の賢い選び方〜
投資信託ガイドでは、投資信託の賢い選び方ができるように投資信託の仕組みや安全性、投資信託のメリットなどをまとめ、初心者でも投資信託の賢い選び方ができるようにガイドしています。
投資信託ガイド投資信託ガイド・投資信託とは投資信託【販売会社、運用会社、信託銀行の役割】

投資信託【販売会社、運用会社、信託銀行の役割】

投資信託で資産運用をしようという場合、販売会社運用会社信託銀行の3つの金融機関と主に関わることを知っておきましょう。

まず、販売会社投資信託を購入する時の窓口として、証券会社や銀行などを指します。

ここでは、投資信託販売してからの償還金、分配金や解約代金の支払い、投資信託の説明書(交付目論見書といいます)、運用報告書の発送なども行っています。

投資信託運用会社はファンドを作り、投資信託運用する役割あります。

よく「○○アセットマネジメント」とか「○○投信投資顧問」という会社をみかけませんか?こういう名称の会社のほとんどが運用会社です。

運用会社にはファンドごとにファンドマネージャーがいるのが一般的です。このファンドマネージャーがファンドに集められたお金を運用しています。

たとえば、情報を収集、分析し、株の銘柄を決めたり、債券を売買したり、目論見書、運用報告書の作成なども運用会社の仕事です。

また、投資家から集められた投資信託のお金は、信託銀行が管理、保管します。他にも信託銀行では、運用する株や債券等も管理、保管します。

このように基本的に投資信託は、3つの金融機関から成り立っています。

でも運用会社の中には、投資信託の販売も行うところがあり、これを「直販」といいます。


スポンサード リンク

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔